カメラ初心者が要件に合わせるとどんなカメラを買ったらいいか相談したいよう!

これは経験者に相談するために要件などをまとめようとしたエントリです。

「カメラ初心者が要件に合わせるとどんなカメラを買ったらいいか相談したいよう!」をまとめるコーナーです。

教えてエロい人!

予算

  • ボディで10万くらいまでを想定
  • 新品中古のこだわりはあまりない、と思う

ユースケース

キャラクターが風景・背景になじんだ画を作るために、素材がほしい。 例は次のTwitterハッシュタグだったり、花譜みたいなやつだったり。

twitter.com

twitter.com

このユースケースを補足するとこんな感じになります。

  • 加工前提
  • 人を撮る機会は多くなさそう
  • 引きの画が欲しいがち
  • 夜景も撮れるとよいなあ
  • (そういえば定点で差分のある画像が撮りたいので三脚もほしい

その他

  • ガチカメラ初心者でまだ撮り方も、どれだけ撮るかもわからないので使いやすさ・取り回しやすさの方ほしい!
  • 万一続かなくても痛みが少ないと嬉しいです!(正直

iOSDC Japan 2019で『FatViewControllerを安全に書き換える方法が見つからなかったので(ry』という発表をします #iosdc

こんぬづは、最近「週3勤務」というワードに敏感な田中です。 まずタイトルを妥協するなダンボー田中...!

登壇します

今年もiOSDCの季節になりましたね。 ありがたいことに今年もプロポーザルが採択され、30分枠でお話しさせていただくことになりました。

以下のような内容になります。

URL

今年はスピーカーディナーで宣伝させてもらう時間があったんですが、 なんでみんな喋り始める前に笑うねん!w(YouTubeの動画)

FatViewControllerを安全に書き換える方法が見つからなかったので、どういう痛みを許容するか考えた by ダンボー田中 | トーク | iOSDC Japan 2019 #iosdc - fortee.jp

www.youtube.com

タイトル

『FatViewControllerを安全に書き換える方法が見つからなかったので、どういう痛みを許容するか考えた 』

日時

  • 日時:2019å¹´09月06日(金)15時10分〜
  • 会場:Track A

概要

安全にリファクタリングを行うには「お約束」があります。

「自動テストを書いてからリファクタリングする」

言葉にしてしまえば簡単で「プログラマであれば当然のことだ」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。
でもそれを難しくするのがヤツの存在です。そう、iOSエンジニアならば切っても切れない関係のFatViewControllerです。

前述のお約束を守るために、こんな堂々巡りに陥ったことのある方は少なくないのではないでしょうか。
・「UIテストを書いた上で書き換えを行うか?」「時間がかかりすぎる、ダメだ...!」
・「ユニットテストを充実させて設計を変更しながら書き換えを行うか?」「先にプロダクトコードの変更が発生してしまう、ダメだ...!」

このトークではFatViewControllerの書き換えを「自動テストを書いてから」というお約束を守ってこなすのが難しかった話をします。
そのうえでなるべく安全に、現実的に書き換えていく方法にはどんなものがあったか、どんな部分で安全を切り捨てて痛みに耐える判断をしたのか話をします。

チラ見せ

f:id:ktanaka117:20190905141505p:plain
タイトル

f:id:ktanaka117:20190905141531p:plain
本質

f:id:ktanaka117:20190905141600p:plain
あぁ^〜

さいごに

今年も楽しい発表ができるようにがんばりま〜す!(胃痛

寂しくて死んじゃうから現地で声かけてね〜!わいわい!

人と接するときは自分のクソザコを出したい

こんぬづは、最近は自分の人生を振り返って感情のジュースを絞り出しながら創作活動をしている田中です。


今日はちょっと真面目めな話。

最近私の中でコミュニケーションするときは感情の汲み取りと整理が大事だなと感じるようになりました。 この感覚はいくつかの本を読んでいたり、自分が日々感じている部分からきています。

「クソザコ」という表現は語弊があるかもしれませんが、 弱さが見える相手には話がしやすい という意味です。相手の弱さや隙がわかっていると、自分の弱さや隙も見せても良いかもしれないと思える(と自分は感じやすいです)。 これは必ずしもネガティブなものでなくてもよくて、ただ「お互いのことが知りたい」に要約されるかもしれません。よく知りあっている間柄では弱さをさらけ出せる関係にあるという逆説かもしれません。

弱い部分には人であるがゆえの認知の歪みバグ(「あの人はこう思っている」憶測、「あの人にこう言われるからこう動こう(たとえ正しくなくとも)」)とか、なんらかの問題が潜みがちです。 まず感情を汲み取ってメンタルの理解をする・ケアをする→事実として存在する問題・課題にどう対処していくかという流れがあります。 お互いのことを知ることで傾向を知って、話しやすくすることでさらに理解と対策につなげられる。

このエントリは人とコミュニケーションをとる時に以下のキーワードが大事だなと思う最近の気持ちをまとめるエントリです。

  • 弱さ、隙
  • 不安、不満
  • 感情と事実、課題の改善
  • 共感と同感
  • (良い意味で)雑なコミュニケーション

なんでこんな話を?

クソザコでいたいと思うに至ったのには、さまざまな出来事・感情があったからです。 主に「人に話しづらい」「弱さを出しにくい」「失望されるのではないか」など、さまざまな感情をすごーーーく丸めて話をするならば「心理的安全性が得られていない」みたいなお話です。

悲しみから生まれる悲しみ

TODO: 感情からくる、人間だと起こりがちなことを書く

  • ネガティブな気持ちが含まれる転職
    • 転職するときは多かれ少なかれ含まれるネガティブ感情、あるいは人生のフェーズの違いによる仕方なさ
    • その度合いが大きい状態で転職されてしまうと良いことがない
  • 休みがちになる
    • さらにコミュニケーション不足に
    • うしろめたさ
    • 学校休みすぎると逆に行きづらくなる、夏休み明け一発目の学校はこわいみたいな

どんな人なのか知りたい

  • クソ雑コミュニケーション
    • 僕の場合は雑に話をフってもらえる(いじってもらえる)とけっこう嬉しかったりします
    • 「昨日何食べた?」
    • 「最近エモいエモいって📦言いがちだけどエモいってなに?」
    • 「元気してる?」
    • 「オッ、最高の毎日を送ってる?」
    • 「パンツなにいろ?」(人によってはセクハラなので用法用量なんだけど、これくらい軽口叩けるといい...!
  • 共感の機会を増やす

共感と同感

共感は相手がどう思っているのかを知ること。 同感は相手が思っていることに自分も同意すること。

つよつよな人はこわい

  • 技術しかり、立場しかり
  • 逆に立場が高くてもこわさはある
    • 立場の低く能力のある人、的確な指摘は痛い
    • 立場に関係なく、伝え方には配慮が必要。みんな全知全能ではないし、調子が悪い時期もある
    • 僕は自分が(技術とか気持ちとか習慣とか)が強くないという自覚がとてもあって、「こうすればいいじゃん(簡単じゃん、なんでやらないの?)」などのコミュニケーションが発生するとめちゃくちゃ死ぬ
      • その自覚がある分、人に言うときは特に気をつけて、「こうしてみたらもっとよくなるかもよ!」みたいな伝え方をよくしたりします( ˘ω˘ )
      • あくまでそうするかどうかは個人の決定次第

知りあうために感情を伝えたい

  • 感情は感情。期待と現実的なアクション。
  • 感情と事実を切り分ける、聞く方も、伝える方も。
    • 「これは感想なんだけど〜」
    • 「これは責めるわけではなくて、こうなっていると思うのだけれど〜」
  • 感情を伝える前に「こういう事情で話をするんですけど〜」と一段線引きする
    • 「どこで話したらいいかわかんないんだけどこういう問題があるっぽくて〜」とか

たとえばこんな風に

  • 聞きを徹底する
    • 共感と同感を使い分ける
    • 相手が思っていることは事実なので否定しないし「そうなんだねぇ☺️」する。
    • もしも相手が思っていることが自分も同意できることだったら「わっかるーーー!!!😭😭😭」する。
  • メシ行く
  • 酒飲む
  • ゲームする
  • 趣味のはなし
  • 「楽しい」の中で多少雑な扱いをしあってみる
    • 仲良く、忌憚なく意見しあえる関係になっている数名の友人とのこれまでを考えると、この部分が大きい
    • 嫌な思いをさせてはいけないけど、どこからが嫌な思いをするのか探る意味でもやってみるといいのかもしれない
  • 会話や目的が成立しなくても「ま、いっか」前提でできる話を増やしてみる
    • 心持ちの話
    • 相手に受け入れられたり期待した結果が得られなくてもいっか
    • ダメ元でもいいから言ってみるかーというスタンスで話をするとか

こんな本から影響を受けているよ

  • 『エンジニアリング組織論への招待 〜不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング〜』
  • 『エンジニアのためのマネジメントキャリアパス』
  • 『パーフェクトソフトウェア』

人にたのしさを紹介する用に「3Dアバターが手に入るとどんな遊びができるのか?」をまとめる

f:id:ktanaka117:20190523145203j:plain

めっちゃ雑に書いてしまっているので、あとで直すか、かすみちゃんに書き直してもらいます。

自分の好きなモデルを作って遊べる

  • VRoid Studioを使う(無料)
  • Win/Macどちらでもおk
  • ペンタブがあると便利

RPGとかにあるキャラメイクみたいな感じで汎用的に使える3Dモデルが作れる。 顔とか体型とか髪とか服とかいじれて大変楽しい。 肌とか髪とか服はテクスチャがいじれて、質感をいじれる。

着せ替えて遊べる

  • VRoid Studioを使う(無料)
  • Win/Macどちらでもおk

着せ替えるだけでもめちゃ楽しい。

BOOTHにいろいろ服が売られてたり、配布されてたりするのでそれを落としてきて着せる楽しみ。

booth.pm

booth.pm

booth.pm

モデルに着せる服を作って遊べる

  • VRoid Studioを使う(無料)
  • Win/Macどちらでもおk
  • ペンタブとか画像加工ソフトとか

VRoid製のモデルが着る服などは基本的にテクスチャで表現されているので、実質2Dの絵。 型紙もVRoid Studioから取得できて、それにそって服を自作できる。

写真を撮って遊べる

  • VRoid Studioを使う(無料)
  • Win/Macどちらでもおk

VRoid Studioには写真撮影機能がある。 背景に画像を設定してこんな写真を撮ったりできる。

あと背景を一色適当な色に設定してモデルだけの写真を撮って、あとで背景透過のpngにして、画像編集ソフトに食わせてごにょごにょしたりするとこういうのも作れる。 この辺りの遊びは簡単になら難しくなくて、慣れると30分くらいでこういうの作れるようになります。

フェイストラッキング+リップシンクで遊べる

自分の頭の動きに合わせてモデルも動いてくれる。 自分の口の動きに合わせてモデルも口を動かしてくれる。 表情はボタン切り替え。

3tene.com

フェイストラッキング+リップシンク+手も動かして遊べる

  • Luppetを使う(体験版は無料)
  • Windowsが必要

WebカメラとLeap MotionとLuppetのライセンス(5000円)が必要

luppet.netlify.com

キーボードとマウスの操作に合わせてモデルも追従させられる

  • VMagicMirrorを使う(無料)
  • Windowsが必要キーボードとマウスがあればおk

タイピングソフトで遊んだり、コーディングに合わせて動かして体験を高めたりできる。 たぶんペアプロの体験とか向上するとか。

booth.pm

デスクトップ上に自分のモデルを置ける

  • MagicalDesktopを使う(無料)
  • Windowsが必要

デスクトップに好きなポーズでモデルを置けたり、それだけじゃなくて曲に同期してダンスを踊ってくれたりする機能もあるっぽい。

booth.pm

VTuberができる

モデルができて、↑みたいなのができるようになってくると組み合わせでVTuberになれたりもします。

バ美肉と百合理解のために女装してみたまとめ

おばんです、人生初パーマをかけたら大学生デビューと言われてしまった田中です。

先日同僚の助けを得て女装してみました。そのあたりのまとめをします。ちなみにこちら生成物です。

ulike snow
f:id:ktanaka117:20190304223957j:plain:w300 f:id:ktanaka117:20190304224021j:plain:w300

なぜ女装を?

  • バ美肉するにあたって、女性をわかりたかった
  • 百合理解のために、女性をわかりたかった

女性になりたいとか日頃から女装したいというわけではなくて、ちょっとしたところでも理解していきたい、「らしさ」とはなにかを求めて女装しました。

たぶん女の子の絵を描くときとか、バ美肉のタイミングで経験が活きてくれる...ハズ。

女装にあたってやったこと

  • スカートを履いた
  • 何着か服を着替えた
  • 一部毛の処理
  • タイツを履いた
  • メイク(やってもらった)
  • 内股の意識
  • 外に出て歩いた(新宿二丁目あたり)
  • 外でご飯を食べた
  • お酒を飲んだ
  • 同じく女装男子と手を繋いだ
  • 同じく女装男子とハグをした
  • ヒールを履いた
  • 自撮り
  • 喋るときは裏声

(ちなみに女装は初めてではないけど、自分から取り組みに行ったのは初)

気づいたこと

  • ウィッグ被って鏡をみたら母親がいた(めちゃくちゃ似ていた)
  • 毛の処理は死ぬほど大変だし時間がかかる...
  • 可愛い服を探して着るのは楽しい
  • ご飯を食べるのが大変(髪がかかる)
  • 男性が内股をするには筋肉が必要(?)
  • メイクは時間がかかる
  • メイクはめちゃくちゃ楽しい
    • お絵かきみたいな感じ
    • 肌の色合いとかで人によって施す処置がだいぶ変わる
    • メイク用品可愛いし、いい匂いのものがあってよい
    • メイクで気持ちが変わるというのがちょっとわかった
  • タイツ履くの大変
  • タイツは下にずれてくる
  • タイツは結構あったかい(80デニール)
  • タイツはトイレの時ちょっと大変
  • ヒールで歩くのは結構大丈夫だった
  • そういえば最近人と触れ合ってなかった
    • この事実がヤベーってなった
    • 男性に対して特に感情は抱かなかった
  • やはり骨格的に可愛くなりきるには限界がある
  • 自撮りアプリすげーぞ!!!
    • 自撮り楽しい、盛れるかどうかは重要
  • 長めのスカートはあんまりチラリとか意識しなくても大丈夫だった
  • 短めのスカートは椅子に座った時に、わりと直にふとももとかお尻くらいが椅子につく状態になることを知った(タイツ履いてたけど)
  • 世の中にはめちゃくちゃ美人で、言われないと気付かない女装の男性がいる
  • 裏声で夜通し喋り続けるのは思ったより体力を使った
  • 髪が長いと目線が隠れるのでは人と目を合わせなくて済むのがラクだった

感想

百合とかバ美肉に強く繋がるかというとわからないけど、いつか役に立ちそうだなって思った(こなみ

  • 多分絵を描く時の構造理解とかに繋がる
  • 感覚的な部分は男性だったので、心理的な動きはなかった
  • 「自分は男だな」という自覚が強くなった
  • メイクとかもろもろ「女性はこんなに大変なのか...」って気持ちになったので、周りの女性を急かしたりはやめようと思った(もともとそんな急かさないけど)
  • 「男ラクやな!」ってなった
  • 喉の訓練になった
  • 眉を整えるとか部分的なメイクは男性のときにしてもよいかもと思った。非常に印象が変わる

さいごに

かすみちゃん(@kagahiro_kasumi)がyoutubeチャンネルを開設したので見てねー。

www.youtube.com

僕を苦しめる3つの呪い

おばんです、会社イベントのLTに向けてボイチェンまわりの話をまとめている、限界バ美肉おじさんの田中です。

今回は釣りタイトルですが僕が長年苦しめられている呪いについて、整理したくてアウトプットします。 もし共感した人や乗り越えた人はコメント欲しいです。

この記事で言う「呪い」=気持ちや動きを縛る「思い込み」です。 この呪いのせいでHPとMPが削れていっているのが最近(定期的な)の悩み。

だいたいこんな話をします。

  • 3つの呪い
    • コンテンツや価値を作り続けなければ生きている意味が無いという呪い
    • インプットしたらアウトプットしなければならないという呪い
    • 体験したことのない人の言葉に説得力は無い、と思われるのではないかという呪い
  • つらみ
  • こうありたい

3つの呪い

コンテンツや価値を作り続けなければ生きている意味が無いという呪い

なにかを残し続けて動き続けないと、凄まじい焦りにみまわれます。 休んでると「やばい、休んでる場合じゃない」ってすごく不安になります。 特に自分は容量が良い人間ではない自覚があって、ちょっとサボると落ちるとこまで落ち切ってしまいそうで不安になります。

まわりはすげー進捗してるのにな............ってなる。「動き続けないと」と思うとじわじわ手を広げすぎていって体力が削れる。

インプットしたらアウトプットしなければならないという呪い

体験したこと、身につけかけているスキルは、ブログに、書かなければ、すぐに抜け落ちていく...。 あるいは新しく触れた技術はすぐに繰り返し使って、物としてアウトプットしなければすぐ忘れてしまう...。

本当に記憶することが苦手で、すぐアウトプットしなかったことはその後もう無くなるも同然。 コンテンツを出し続けなければという前の話とあいまって、なにかアウトプットしなかったときのストレスがマッハ。 書けるときに書こうと、できるだけ覚えておこうとし続けると脳のメモリ領域の圧迫されて、色々なパフォーマンスが落ちる。

体験したことのない人の言葉に説得力は無い、と思われるのではないかという呪い

なにか物事について人に聞くとき、体験したことのない人の話と体験したことのある人だったら、体験したことのある人の方が説得力ありますよね。 となると、なにか人に語るとき経験した上で語った方が良いと思っていて、その幅を広げていきたい。

裏を返すと「経験もせずに言えることがあるのか...?」という気持ちになってしまって、適当なことを言いたくないので、色々なことに手を出しがちになってくる。 体力が削れていく。

つらみ

この記事を書くに思い至った原因でもあるのがこの記事なんですが、

anond.hatelabo.jp

コンテンツや価値を作り続けなければ生きている意味が無いという呪い の原因が特にこのダイアリーそのままな気がしています。

ダメな部分を補うとか、自立するためになんらかの成果を無限に追い求めてしまいがちだなって。 「ブログを書かなければ...」「コードを書かなければ...」「絵を描かなければ...」とかそういう感じに。

先日自分はこれくらい評価されるだろうと思っていたことが、他者から思ったより評価されなかったことがあって、この自分を支える柱が瓦解しました。 そうすると、成果主義一本でなんとか自立していた自分は立っていられなくなる。 というつらみがここ最近続いているるるる。

3つの呪い、つよつよを目指し続けるために自分自身で課してる部分もあると思うんだけど、それもなかなかつらいとあるとき思ってしまった。

こうありたい

クソ雑だけどこういう世界とか。

まあね、成果とかそういうものじゃなくて、ダメなところとか認めてもらって自己肯定感の回復があれば、満たされるのかもしれないんだけどね。。。

怪文書になってしまった、やっぱ疲れてそう...!

早起きに成功したので「iOSアプリ設計パターン入門」勉強会 第3回に参加してきました! #uzumaki_swift

おばんです、pixiv TECH SALONでは男性のための女の子声について喋る田中です。

UZUMAKIさんが開催している「iOSアプリ設計パターン入門」勉強会に参加してきたのでそのレポートをします!

uzumaki-swift.connpass.com

「iOSアプリ設計パターン入門」勉強会 by UZUMAKI とは

朝読書会です。始業開始前くらいの時間、8時開始で行われています。

この会は読書会形式で行われており、『iOSアプリ設計パターン入門』の各章を読み合わせる進行です。 詠み合わせて、気になるところで質問したり議論する会となっています。

f:id:ktanaka117:20190217175804j:plain

第3回のテーマは「第7章 MVVM」

この章は私が書きました。\ドヤアァァァ/

著者がいると盛り上がるかな、と思い参加した節もあります! 前回はMVPの章でここも私が書いたのですが、お布団くんが話してくれなくて参加に失敗していました。 MVVMの回では満を持して参加できました。

RxSwiftを用いないMVVM実装

書籍の中ではRxSwiftを用いないMVVMの実装方法(Notification Centerでの実装)についても触れています。 あえてその部分を書いた理由は以下の二つがあります。

標準フレームワークでガチめな実装をするとこんな風になるよというのは、共著者のmarty-suzukiさんが以下のQiitaでまとめてくださってます。

qiita.com

責務の境界について

  1. Modelのロジック(ドメインロジック)とViewModelのロジック(プレゼンテーションロジック)のきりわけはどこで行われる?

これ結構難しいんですが、勉強会の中では 表示のためのStringと計算のためのDouble などの話がされていました。

僕の解釈としては以下のツイートに貼ってあるスライドの通りです。

クソタイポ問題

紙版の説明の中に nvalidate(idText:passwordText:) という表記がありますが、 n が不要です。大変失礼いたしました。

電子版では直ってます、許してください。

Rxを使ったときにUITableViewCellのデータバインディングどうする問題

僕もこれは得意な話ではないのですが、 cellForRowAtIndexPath の中でsubscribeすると購読管理に無理があるので、delegateと併用してやってますよという話が挙がりました。

Resultの.success(())ってなんで通るの?

型としての()がVoidのtypealiasで、

()が空のtupleと同義。空のtupleはつまりVoidだから良いっぽい?

参加してみての感想

実際に読んでくれた人と交流できるのは、著者としてとても良い経験でした。 「あー、その部分の解釈は悩みますよねー」とか、読んでる時のリズムの悪さみたいなのが勉強になりました。今後の本書きの参考にさせていただきます。

さっきエモいことを呟いたんですけど、この本を読んで得たものをまたアウトプットして欲しいですし、議論の叩きにしてもらえたら嬉しいです。質問もお気軽に!

今後も「会いに行ける著者」なので、イベントでは気軽に声かけてください〜。ノシ